神奈川で永代供養墓をしている寺院の特徴

subpage1

神奈川県には至る場所に寺院があります。供養を依頼する場合には通常の墓地を購入する方法と、永代供養墓を購入する方法があります。

他種類に及ぶ2ちゃんねる情報が手に入ります。

永代供養墓を購入する場合と通常のお墓の違いですが、一番の違いは価格です。


通常のお墓の場合には暮石代や土地代を含めて1000万円程度かかる場合がありますが、永代供養墓を購入した場合だと暮石代のみで済むので200万円程度で済みます。通常の寺院だと年間の管理費が必要になる時がありますが、神奈川の寺院だと年間の管理費も最初に支払う金額に含まれている場合が殆どです。
支払い方法ですが現金払いも可能ですし、寺院が提供している信販会社のローンを利用する事ができます。


こちらのローンは通常のローンと比べると金利手数料がかなり低いので、経済的にも楽です。



次に永代供養墓の場合だと通常のお墓と違い法要の管理を寺院側が行います。
そのため遠方に住んでいても安心して任せる事ができます。

寺院によっては永代供養に期限を設けている場合がありますが、その場合には寺院の宗派に沿って合葬するので安心して依頼する事ができます。


故人の生前の宗教は関係ないですが、依頼してからは寺院の宗派に従ってきちんと供養するのでかなり安心です。神奈川で永代供養墓を提供している寺院の場合だと、寺院が発行している機関紙を購読したり檀家になる必要はありません。



そのため通常のお墓を契約している場合と比べると、かなり負担は少ないです。