神奈川県内で自然葬を行う方法

subpage1

自然葬とは遺骨を自然に還す方法です。

そのため、自然葬は従来型の永代供養墓を使用せずに、遺骨を土に埋めて微生物によって分解される樹木葬や、自然界に遺骨を撒く散骨が行われます。
樹木葬を行う場合には、墓地として埋葬が許可された場所で行う必要があります。


神奈川県内には樹木葬ができる樹林墓地があり、民営霊園でも40〜60万円程度の費用で埋葬をすることができます。公営霊園でも樹木葬ができる所があり、6万円または14万円で利用できます。
神奈川県内では、自然葬として散骨を行うことも可能です。



野山への散骨は地権者の許可を必要とするので現実には不可能ですが、神奈川県内にある海に散骨(海洋葬)することは可能です。海上に散骨を行うためには沿岸から離れた沖合に出る必要があるので船を使用します。


自分で船を所有していない人でも、海洋葬を専門に行う業者を利用すれば海洋散骨を行うことができます。


神奈川県にある海洋葬を行う業者を利用する場合の費用ですが、遺族が同乗せずに散骨の実を委託する場合や、他の家族と合同で散骨を行えば数万円程度、1家族だけで船を借りる場合には15万円前後で利用できます。

日本経済新聞なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

神奈川県の近海で海洋散骨が行われる場所は、横浜ベイブリッジ沖、湘南・江の島沖、横須賀、相模湾などです。

業者に委託して、瀬戸内海や沖縄など他の地方で散骨をしてもらうサービスも存在します。


自然葬は一般的に認知度が低いのですが永代供養墓に埋葬を行うよりも少ない費用で埋葬ができるので、少しずつ人気を集めています。